油性塗料とハケやバケツの片付け方

勉強ノート

油性塗料とハケやバケツの片付け方


ハケやバケツ、塗料の再利用をするために

会社の掲示物などにもご利用ください。

使用したまま放置してしまうと、塗料が固着して使えなくなってしまいます。

SDGsの活動の一環などとしてもお役立てください。



塗装作業後の片付け方

1.片付け始め

塗料がバケツに残っている場合は、元の塗料缶に全て戻します。

2.洗浄

塗装に使用したバケツに同じく使用したハケやローラーを入れ、うすめ液をハケの毛が全て浸かるくらい入れます。

ハケ、ローラー、バケツに付着している塗料を綺麗に落とします。

◇ハケ、ローラーは押し付けて絞った時に濃い塗料が染み出なくなるまで繰り返し洗浄します。

◇バケツの側面に付着した塗料はハケを使って洗い落とします。

※うすめ液の色が濃くなって洗浄できなくなった場合は次項3に移り、うすめ液を処理した後、再び新しいうすめ液を入れて洗浄し直してください。

  • 使用したバケツ、ハケは全て同じように洗浄します。
  • 使い捨てバケツも同様に洗浄することで使い捨てずに再利用することができます。

3.色が付いたうすめ液の処理

洗浄に使用したうすめ液は使用した同色の塗料缶に全て入れます。

◇他の色が混ざったり、混同したくない場合はハケを保管するバケツに入れるか、そのまま廃棄しましょう。

※廃棄方法は後述します。

4.拭き取り

ハケ、ローラー、バケツに残った液や塗料をウエスで綺麗に拭き取ります。

5.片付け終わり

ハケ、ローラーは毛が固まらないように保管バケツに入れて蓋をしっかり閉めて保管してください。

◇保管バケツ内のうすめ液は汚れがひどくなってきたら交換しましょう。

毛先にクセを付けずに綺麗に保存しておく場合には、専用の容器がオススメです。

本格的なものはそれなりのお値段になりますが、

DIYなどで使用頻度も高くないような場合はこちらのようなお安いものが良いかと思います。


塗料缶の保管の注意点

使用した塗料缶は、蓋をしっかりと閉めて保管するようにしましょう。

蓋が開いていたり隙間があると固まってしまって使用できなくなってしまいます。

 

塗料、うすめ液の廃棄方法

  1. ビニール袋にウエスを入れます。
  2. 廃棄する液体を少量ずつ袋に入れ、ウエスに染み込ませます。
  3. 染み込んだウエスを乾燥させます。
  4. 袋の口を縛り燃えるゴミにて廃棄します。

廃棄する塗料が大量の場合

あまりにも廃棄する塗料が多い場合は、塗料固化剤を使用して固めてから廃棄するようにしましょう。


塗料固化剤のリンクを貼って置きます。


 

水道に流すなどの行為は決してしないでください。有害物質を含んでいるので環境汚染や人や動物に悪影響を及ぼす危険があります。塗料を使用した際は、責任を持って廃棄するようにしましょう。

 

固まった塗料

意図せず塗料が缶の中で固まってしまった場合は、

固まった塗料を綺麗に掻き出して燃えるゴミとして廃棄しましょう。

容器は材質ごとの指定の方法で廃棄してください。

 

 

最後に

ペンキがこびり付いたハケは固まってしまうとどうしようもないです。

今回紹介した手順で片付けることで何度も使用できるので、

使い捨てにすることのないようにしましょう。

 

私たち皆んなで環境にも配慮した活動を心掛けましょう。

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました