【1歳2カ月:手づかみメニュー】マグロのお豆腐ハンバーグ

Coeur a Coeurブログ

料理をあまりされたことが無い方でも作れるような簡単なレシピです。

材料

  • マグロ・・・300g

(今回は国産本マグロの筋の部分が安く売ってたのでそれを使用しています。)

  • 豆腐 ・・・・・・・・・150~200g(約半丁)
  • 片栗粉・・・・・・・・・大匙1~2

以下お好み

  • 鰹節 ・・・・・・・・・適量
  • 青のり・・・・・・・・・適量
  • 醤油または煎り酒・・・・数滴

作り方

・マグロを茹でる

沸騰したお湯にそのままマグロを全部入れ、5分ほど茹でる。

生の部分が残らないようにしっかりと火を通す。
茹で終わったらお湯から取り出し、お湯を切ったら器に移して冷まします。

・身をほぐす

冷めたらマグロの身をほぐします。

茹でてあるので身は簡単にほぐれます。

ほぐす際、骨や筋などがあれば残らないように丁寧に取り除きます。

真っ黒の血合いの部分は臭みがあるので使用しません。ただ、もったいないので大人が食べるといいと思います。
少しの血合いなら使用してOK!栄養満点で鉄分の補給に良いです!

・お豆腐や片栗粉を加える

ほぐしたマグロの身に、お豆腐を加えます。

この時にお好みで鰹節や青のりなども入れてください。

さらに片栗粉を加えて混ぜます。

片栗粉は少ないとゆるくなり崩れやすいので、もったりした状態になるように生地の状態を見ながら加えていくと良いと思います。

塩味が欲しい時は、お醤油を数滴入れる。

我が家では煎り酒を小匙で半分ほど入れてます。

煎り酒は名前に酒と書いてありますが、煮詰めてあるのでアルコールはありません。しかもお醤油より塩分が控えめなのでオススメです。お醤油が普及する前は煎り酒が定番だったそうです。

まんべんなく混ざったら生地は完成です。

生地はホットケーキまでとはいきませんが、普通のハンバーグのように先に形は整えておけないくらいのねっとりした硬さで良いと思います。



・生地を焼く

油を薄くひいて、一度フライパンを熱します。

フライパンをじゅうぶんに熱したら一度火を止めます。

火を止めたら、生地を流しこんで適当な大きさにして並べます。

子供が持って食べることを考えるとあまり大きくしすぎても食べづらいと思います。うちの子には、噛みちぎる練習もして欲しいので、一口では食べられない大きさにしています。

並べ終わったら再び火を点けて、焦げない程度の中火で焼いていきます。

火を点けたまま生地を流し込んでいくと、先に入れた生地から焼けていってしまうので火を一度止めます。

片面に焼き色が付くまで焼きます。

焼き色が付いたらひっくり返して、蓋をして蒸し焼きにします。

もう片面にも焼き目が付いたら出来上がりです!

マグロの注意点

マグロやカジキなどは、メチル水銀濃度が高いので食べ過ぎに注意しましょう。

特に、胎児に影響を及ぼす可能性があるので妊婦さんは要注意です。食べる場合は、1週間に50~100g以下に抑えた方が良いとおもいます。

乳児~大人は、毎日マグロばかり食べ続けるなどの極端な食べ方をせず、

一般的な量を食べている分には特に問題はないと思います。

 

最後に

今回はマグロを使用しましたが、色んな食材で応用が利くと思います。

また、野菜を入れてみたりして色んなバリュエーションができると思うので

ぜひ色々試してみてください。

 

閲覧ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました