【手作り】マシニングセンタ用ツールラック(ミニ)

マシニングセンタ用ツールラックの画像勉強ノート

【手作り】マシニングセンタ用ツールラック(ミニ)


 

作業台の上にも置ける様な小さめのサイズです。

作り方は、一般構造用の鋼管を溶接してくっつけるだけの簡単な作りになっていますので、

お使いのツーリングに合わせて作成していただくのが良いかと思います。

 

※未塗装でかっこ悪かったので、写真を加工してあります。



 

作る際の注意点やコツ

・ツーリングの最大径の部分が引っ掛かるように鋼管を選びます。

・隣同士のツーリングが干渉しないように鋼管の間に鋼板などを挟んで

ツーリングの最大径以上の寸法は確保しましょう。

・はめ込み部分の寸法は、出来るだけ収納するツーリングの寸法に近いものを選びましょう。

そうすることで収納時のガタ付きが小さくなります。

・画像のツールラックは刃物がラックの後方になる様にしてあります。

こうすることで、作業中の接触によるケガや刃物の欠損を防げます。

・一目で何の工具が付いているか分かりにくいかもしれませんが、

ラック自体小さいので、取り出す際に上から奥を覗き込めば付いている工具が分かるので特に問題は無いかと思います。

・また、1段目から3段目まで微妙に角度を変えてあります。

一番上から徐々に鋭角の角度に変化させることにより、一番下段もそれほど高さを確保しなくても長い工具の収納が可能になります。

・角度を決める際は、上段と下段の工具同士が干渉しないかどうかも注意して下さい。

 

最後に

市販のツールラックは高かったり、収納本数の多い物が多いですが

手作りなら、収納したい本数分、使い勝手重視など好きなように作れるのでオススメです。

鋼管の規格に合う寸法なら切って溶接するだけなので簡単ですので

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

また、本記事の内容とは異なりますが、当ブログでは初心者の方に向けたドリルの基本の研ぎ方の記事やYouTube動画もありますので、そちらも是非ご覧ください。YouTubeは更新頻度がかなり遅いですがチャンネル登録していただけると励みになります。

【初心者向け:動画有り】ドリルの研ぎ方
 読んだらさっそく研いでみてください。初心者の方に分かりやすいドリル研磨の方法を、写真を交えて解説。動画有り。

↓その他記事はコチラからどうぞ↓

ドリル関連記事一覧

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました