【被覆アーク溶接】ウィービング

勉強ノート

【被覆アーク溶接】ウィービング

 

ウィービングの種類について解説します。

記事中の写真で使用している溶接棒[Z-44 2.6x350mm]

ウィービング

 

ウィービング時に気を付けること

  • アークは一定を保ち、やや短くする
  • ビードの幅は使用する溶接棒の径の2倍程度に抑える
  • ピッチの幅を揃える

ギザギザ

次の波のウィービングと共に一般的なウィービングです。

上のウィービングに比べ、両端で弧を描く動きのウィービングです。

細かいギザギザ

ギザギザの動きを細かくしたウィービングです。

比較的幅の狭いビードを形成する時の動きになります。

丸みのあるギザギザ

ギザギザの動きで弧を描くように動かしていきます。

私はこのウィービングが好きです。

円(実用的ではないかも)

円を描きながらのウィービングです。

私の動かし方が悪い可能性もありますが

円の戻る時に、棒の先端がプールとくっついてしまうのであまり良くないかも知れません。

どのウィービングが良いのか

どのウィービングが良いかは、好みになると思います。

写真を見てもらうと分かるように、直線のビードの見た目に大差はありません。

自分のやりやすいウィービングを練習してもらえば良いと思います。



ビードの切り方

ウィービング時のアークの切り方は、運棒のスピードを緩めて

アークを短くし、小さく円を描きながらプールを盛り上げて切ります。

ストレートビードの切り方に円運動が加わると思ってもらえれば良いと思います。

なので、まずは基本のストレートビードを身に付ければ特に苦ではありません。

↓基本練習についてはコチラをご覧ください。↓

【被覆アークの基礎とコツ】見落としがちな注意点
【アーク溶接】棒溶接のコツ~基礎練習編~ 被覆アーク溶接の練習方法と見落としがちな注意点を図と写真を交えて解説します。

まとめ

棒を動かしながら一定の速度で一定のアークを保つのがかなり難しいと思います。

繰り返し練習して体で覚えるまで頑張りましょう。

私もさらに上達できるように練習を重ねていきたいと思います。

閲覧ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました