【DIYにも使える】鋼板の曲げ後の寸法を求める簡単な計算式

勉強ノート

【DIYにも使える】鋼板の曲げ後の寸法を求める簡単な計算式


 

今回は鋼板の曲げ後の寸法の簡単な計算方法です。

多少の誤差があると思うので

0.1㎜などの精度を求めるものには使用できないので

予めご了承ください。

なぜ曲げると寸法が変わるの?

簡単に説明すると

曲げた部分に伸縮が起こるからです。

なので仮に曲げ前の鋼板の端から10㎜の位置に線を入れ、

その位置で曲げたとしても

曲げ後の寸法は10㎜にはなりません。

曲げた後の寸法を考える場合

伸びと板厚を考慮しなくてはなりません。



簡易計算式

曲げ後寸法-板厚×0.9=曲げ位置

例としては

板厚3㎜で曲げ後寸法を10㎜にしたい場合

10-2.7=7.3

になるので、曲げ位置は端から7.3㎜の位置になります。

多少の誤差があると思いますが

至ってシンプルな計算式になります。

応用

両側の寸法を出したい場合

片側の寸法を出す計算は上記で理解頂けたと思います。

両側の寸法を出す場合は鋼板の全長を決めなくてはなりません。

その場合は伸びる箇所がいくつ有るかを考えます。

Ⅼ字に曲げる場合の伸びる箇所は2か所になります。

鋼板の全長を求める計算式

A+Bー板厚×0.9×伸びる箇所の数=全長

となります。

ちなみに、コの字に曲げる場合は伸びる箇所は4か所になります。
ぜひDIYなどに活用してみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました